1.体系数学とは?

『体系数学』は、数研出版が出している中高一貫の中でも特に上位校で多く採用されている教科書です。

体系数学は同系列の分野が体系的に連続して掲載されており、同じ分野の内容を簡単なものから難しいものへと体系的に学ぶことができるようになっているのが特徴です。また、先取りでカリキュラムが進むため内容が高度になっています。参考書や問題集、書き込み式ノートもあり、それらとセットで使用されることがほとんどです。全シリーズを通して数学を総合的に学ぶことができます。

体系数学1

中1・2年用の教材です。

代数分野:数と式の基本的な性質を知る

正負の数,文字式,一次方程式,連立方程式,不等式,1次関数、など

幾何分野:図形の基本的な性質を知る

平面図形,空間図形,合同と証明

体系数学2

中2・3年用の教材です。

代数分野:数と式の世界をひろげる

式の展開,因数分解,平方根,二次方程式,y=ax~2,確率、など

幾何分野:図形のいろいろな性質をさぐる

相似,線分の比(チェバ・メネラウスの定理),円,三平方の定理

体系数学3

高1・2年用の教材です。

数式・関数編 :数と式,関数,図形の性質

式と計算、3次式の展開、因数分解、恒等式、等式・不等式の証明、二次関数、三角比、集合、命題、証明、データの分析など

論理・確率編: 論理,確率と統計,整数の性質

集合、順列、組み合わせ、確率、整数の性質、三角形の性質、円の性質、空間図形 など

体系数学4

高2年用の教材です。

微積分の基礎と数列・ベクトル

式の計算、複素数、2次方程式、高次方程式、恒等式、図形と方程式、三角関数、指数関数、対数関数、微分法、積分法、数列、平面ベクトル、空間ベクトル

体系数学5

高3用の教材です。

複素数平面と微積分の応用

ロピタルの定理、微分方程式 など

 

2.体系数学での主な課題

体系数学には、上記のような特徴があり、公立校の教科書に比べ、量が多い上に難易度も高い教材となっています。先取りのカリキュラムで理解できないまま授業が進んでしまう、学習指導要綱外の問題も多く、自分ひとりでの学習はなかなか進まないなどの問題点があります。

そのため、

・授業の進度に追いつけない
・量が多く、問題をこなすことができない
・問題演習が十分にできない
・学習指導要綱以外の難しい問題が多い
・集団塾では進度が異なるため内容が合わない

などの状況に陥ってしまうことがあります。

3.体系数学の攻略法

中高一貫校専門塾エスコット(Escot)は、完全1対1の個別指導で、上記のような課題に対して以下のような対策を行います。

体系数学はLevelA~Cに分かれており、難易度がA→B→Cの順に上がっていきます。
LevelAは教科書レベルの基本的な問題です。基本を身につけた後に、LevelBを解きます。
LevelBは幅広い種類の問題を扱っており、LevelBがしっかりと理解できていれば、定期テストは上位に入るレベルに達します

LevelBはできなかった問題は解けるようになるまで、そして一度は解けた問題も定期的に反復練習する必要があります。
当塾では授業後に、その日の授業の板書をそのままプリントとしてお渡しいたします。
1度解けたのに、時間が経って解けなくなってしまった問題も、授業の板書データ自体もデータベース管理されているので、過去に受講した授業の復習・再演習をきわめてタイムリーに行うことができ、効率良く学習することができます。

LevelCと総合問題についてはかなり難易度が高くなっています。
LevelCは特に丁寧にしっかりと解説をします。

体系数学は、分からない問題をそのままにせず、きちんと理解し反復練習することが非常に重要です。

学年別単元と開講コース

学年別の数学対策と単元は各リンク先をご覧ください。学年別でコースを設けておりますので、様々なニーズに合わせた指導が可能です。

中1
中2
中3
高1

中高一貫校専門塾エスコット(Escot)は、完全1対1の個別指導で、生徒さん1人1人に合わせた体系数学対策を行いますが、生徒さんそれぞれに状況が異なるかと思いますので、まずは1度お問い合わせください。

講座案内:学校対策 先取りコース【英語・数学】

【英語】
学校の先取りにとどまらず、各種英語資格の対策も可能です。また、中学英語修了後は大学受験を見据えた授業になります。

【数学】
学校での学習を復習として活用することにより定着率を高めていくことが可能です。単元学習が終わり次第、受験指導に移ります。