1.バードランドとは?

『Birdland English Course』(以下『バードランド』と称します)という、上智大学言語教育研究センター吉田研作氏が監修し、株式会社文英堂出版から提供される検定外の英語教科書です。『バードランド』は、全体で5冊から成り立っており、その内容とアプローチについて探ってみましょう。

まず、バードランドは、中高一貫校の一部で使用されている、非常に高い難易度を持つ英語教科書です。その目的は、グローバル化が進む現代社会において通用する英語力を養うことです。言い換えれば、バードランドは、「みんながわかるよう優しく学べる」というアプローチではなく、「深く確実に学べる」というスタイルに焦点を当てています。

バードランドは、中学校で高校の英文法の基礎を習得した学習者を対象に、高校までの英語学習の全範囲を網羅しています。そのため、取り扱う内容が非常に幅広く、ページ数も多いのが特徴です。

さらに、バードランドは、英文法を基盤とし、「読む・書く・聞く・話す」といった英語の4つのスキルがバランスよく配置されていて総合的に学習できるようになっています。

特に、バードランドは「聞く」と「話す」に特別な注意を払っています。この教材は、プログレス21に近い特性を持っており、最新のテーマを取り上げることで、比較的興味を引きます。例えば、野球選手のイチロー選手など、日常生活に関連するテーマも取り入れられています。

総括すると、バードランドは、高い難易度を持ちながらも、幅広い英語スキルを習得できる教科書であり、文法を基本にした学習を通じて総合的な英語力を高めることができる素晴らしい教材と言えます。

※プログレス21についての詳細は、コチラになります。

2.バードランドでの主な課題

バードランドは、その特徴的な要素と内容の多様性から、学習者にとって多くの課題を抱えています。このプログラムは中学2年生から急激に難易度が上がり、中学3年生に至れば大学受験生の水準に達します。そのため、生徒たちは高度な英語スキルを習得する必要がありますが、その道のりは簡単ではありません。

バードランドの授業は最初から難易度が高く、自己学習が難しいと感じる生徒が少なくありません。特に中高一貫校のカリキュラムは進度が速いため、中学1年生の段階でも高校生の文法を学びますが、詳細な説明が不足しており、生徒は授業に追いつけないことがよくあります。

受験生たちは最初は授業についていけているように感じ、中学1年生の段階で油断してしまいがちです。その結果、中学2年生に進級し、難易度が急上昇すると、ついていけなくなり、成績が下がることがあります。

バードランド準拠の問題集には、習ったことのない熟語や構文が頻繁に登場します。新しいトピックに直面した際、迅速に対応する能力が求められます。そのため、自己学習を試みる生徒でも、未知の単語や複雑な英文に遭遇し、予習段階で完全に理解することが難しいことがあります。

さらに、復習の際に一つでも理解できない点があると、そこで学習の壁にぶつかります。これが積み重なると、英語に対するモチベーションが低下し、何から始めれば良いかわからない、適切な勉強方法が分からないといった問題が発生することがあります。

中高一貫校のテスト範囲が広いため、テスト勉強にも十分な時間が必要ですが、バードランドの課題の一つは、独学で進めるのが難しいことです。教科書の内容を単なる暗記に頼ると、理解不足のため、異なる出題形式に対応できず、解答に苦しむことがあります。

バードランド単独での学習には時間がかかる一方で、バードランドだけでは受験に必要な知識を十分に網羅できないため、受験期にはバードランドと受験勉強を同時に進める必要があります。

また、バードランドはリスニングとスピーキングに重点を置いており、長文読解力を向上させるのが難しいとされています。

そのため、

・授業の進度に追いつけない
・単語量が多く、覚えられない
・英文が難しく、単語を調べても訳せない
・予習復習に時間がかかり、他の教科を学習する時間が減ってしまう
・バードランドに対応する参考書がなく、授業だけでは理解が追いつかない
・教科書で学習する内容と受験時に必要な能力が異なり、受験勉強が疎かになってしまう
・難易度が急に上がることでつまづいてしまう
・長文読解力が身につかない

などの状況に陥ってしまうことがあります。

3.バードランドの攻略法

中高一貫校専門塾エスコット(Escot)は、完全1対1の個別指導で、上記のような課題に対して以下のような対策を行います。

予習・復習の簡略化

予習…こちらから予習したい内容を厳選し、予習専用のプリントをお渡しし、効率よく予習ができるように指導いたします。
復習…授業後には復習内容が明示できるようなプリントをお渡し致します。

文法・構文

学習計画に基づいて、学習内容を指定させていただきます。授業内でテストを行い、必ず学習内容のチェックを行います。
文法・構文が身に着くまで繰り返し学習をすることで、文法・構文をしっかりと学習していきます。

単語・熟語

長期的視野に基づいて計画を作成し、週ごとに効率よく学習していきます。

長文読解

バードランドだけでは不十分な大学入試に必要な長文読解力を身につけるために、高難易度の長文対策も徹底して行います。

学年別単元と開講コース

学年別の英語対策と単元は各リンク先をご覧ください。学年別でコースを設けておりますので、様々なニーズに合わせた指導が可能です。

また、教室型の授業の他、オンラインでも同様の授業が受講可能です。当塾のオンライン授業につきましては、コチラをご覧ください。

中高一貫校専門塾エスコット(Escot)は、完全1対1の個別指導で、生徒さん1人1人に合わせたバードランド対策を行います。

生徒さんそれぞれに状況が異なるかと思いますので、まずは1度お問い合わせください。

当塾での取り組み

当塾では、バードランド対策のほかにも、中高一貫校で多く採用されている、ニュートレジャープログレスの対策も行っています。

また、『中高一貫校に通う生徒のための英語勉強法』を参考に、英語の勉強方法を今一度見直し、『中高一貫校に通う生徒のための勉強計画の立て方』にもあるように、勉強計画を立てながら英語の勉強を進めていきましょう。

詳しい指導内容は
をご覧ください。

講座案内:学校対策 フォローアップコース【英語・数学】

【英語】
学校の授業進度を毎回確認し、試験日程にあわせた学習カリキュラムを作成した上で授業を進めていきます。

【数学】
どの単元の学習が不十分なのかを見極めて、抜けている内容を補っていきます。学校の進度に十分に追いつくことができれば、先取りコースに変更していくのが理想的です。