中高一貫校生に塾が必要な理由とは?

中高一貫校に合格するまでは、志望校合格にむけて塾に通われていた生徒さんが多いかと思います。志望校合格の後、晴れて中高一貫校生となった場合、塾は必要なのでしょうか。学校の授業を集中して受けるのはもちろんのこと、家庭学習に加えて塾で学習のサポートすることでより有意義な学生生活を送ることができると考えております。

授業の進度がはやく内容も濃い

中高一貫校では独自のカリキュラムが設定されています。その中で、中高一貫校在学の6年のうち、5年間で高校卒業レベルの内容まで網羅し、残りの1年で受験勉強をするというカリキュラムが主となっています。そのため、授業の進度がはやいことが特徴です。また、中高一貫校は受験を突破した同じくらいの学力の生徒が集まることも相まって、内容もより高度なものとなっています。
授業についていくことができなければ、内容も理解することができないまま授業がどんどん進んでしまい、落ちこぼれてしまったり、日ごろの勉強を疎かにしてしまって中だるみしてしまったりというようなケースが想定できます。塾に通うことで授業で理解できなかった内容を復習して理解を深めたり、学校の授業の先取り学習をすることでより授業に集中して取り組むことができます。学校での授業をよりしっかりと理解するためにも塾に通うことでフォローしたり先取りしたりということができるため、塾は必要であると言えるでしょう。

宿題の量が多い

中高一貫校は、課題として出される宿題の量が多いことも特徴として挙げられます。宿題を各々でこなすことを前提としている場合が多いので、宿題をきちんとこなすことでより学力向上に繋がります。膨大な宿題をこなさなければならない一方で、授業の予習・復習もしなければ授業についていくことができません。学校の授業に加えて部活動や他の課外活動に力を入れている場合は特に宿題にたくさんの時間を割くことができない場合もあるかと思います。塾で宿題のサポートをすることで、より効率的に学習に励むことができます。

定期テストが難しい

中高一貫校の定期テストは出題範囲も広く、難易度も高いため、しっかりとしたテスト対策を行わなければ定期テストで安定した点数をとることができません。通常の授業の予習・復習・宿題に加えてさらに勉強しなければならないため、時間確保の面でも定期テスト対策をするうえでも自分だけで学習することは難しいのが現状です。家庭学習に加えて、塾に通うことでより効率的に確実に定期テストの対策をすることができます。塾でしっかり定期テスト対策を行うことで、成績・学力向上につなげることができ、勉強に対するモチベーションが上がるため、より前向きに学校の授業に取り組むことができるようになります。

当塾の取り組み

英語では、中高一貫校で採用されている3つの英語教科書の対策を行っております。プログレスバードランドニュートレジャー対策、数学では体系数学対策など、中高一貫校で採用されている教科書に合わせた授業を展開してまいります。国語は様々な講座を設け、一人一人の苦手分野の克服など全教科それぞれのニーズに合わせた授業を進めてまいります。また、当塾では教室での授業の他にオンラインでも受講可能です。通塾の必要がないため、より時間を効率的に活用でき、体力を温存したまま学習に取り組むことができます。

まとめ

塾に通うことで効率良く中高一貫校での授業をより理解し、内容を深め、定期テスト対策をしっかりと行うことができます。学校の授業についていくことはもちろん、塾で+αの学習を積み重ねていくことでより有意義な学生生活を送ることができるでしょう。

 

 

 

開講講座:ワンポイント講座 二週間完結・定期試験対策ゼミ【英語・数学】

【英語】
単発的に数回の授業で定期試験対策を行います。また、英語は資格試験の対策も可能です。ご相談ください。

【数学】
単発的に数回の授業で定期試験対策を行います。 定期試験の範囲を一通り学習する、 もしくは試験までの時間が少ない場合でも最大限に得点を上げられるよう指導させていただきます。