中高一貫校生に特化したオンライン塾の特徴と選び方

オンライン塾

オンライン塾とは、教室で受ける授業とは異なり、パソコンやタブレットなどの機器を用いて、どこにいても授業を受講することのできる塾を指します。中高一貫校生に特化したオンライン学習塾とはどのような塾なのでしょうか。

中高一貫校生の特徴

中高一貫校は独自のテキストを採用しているため、内容も難しく、自分だけで予習や復習をするのはかなりの労力がいります。また、中高一貫校に通われている場合は特に、通学時間が長く、家庭学習の時間が限られてしまっている場合もあります。そのため、中高一貫校に通いながら通塾するとなると、移動時間が増えることで睡眠時間が削られてしまったり、通塾で疲れてしまって塾の授業に100%集中できないといったことが起こってしまいます。そのような場合は、オンラインの学習塾を利用することで、通塾の時間をなくし、体力も温存できるため、より効率的に学習を進めることができます。

テキスト対策がある

中高一貫校では、高校2年生までの5年間で高校3年生までの範囲を学ぶカリキュラムから独自のテキストを採用している場合が多いです。例えば、英語の教材であれば、プログレス、バードランド、ニュートレジャーが挙げられますが、それぞれ学校の授業で活用されているテキストの対策がなければ、塾に通っていても学校の授業でなかなか活かすことができず、学校の成績を伸ばすことに直結しません。塾で中高一貫校独自の対策をすることで予習・復習もでき、より学校の授業の理解を深めることができます。そのため、中高一貫校ならではの授業を受けることが学校の成績を上げたり、学力を向上させる点において重要であると言えます。また、教室ではその授業を行っていてもオンラインで受講できなければ意味がありません。オンラインでも教室と同じような中高一貫校生向けのテキスト対策がある塾を選ぶ必要があります。

相互でやりとりができる

映像授業では質問ができず、結局自分が分からないところが解決できないといったケースが見受けられます。一方通行的な映像授業では疑問点を解決することができません。教室と同じように、オンラインであってもその場にいるかのようなやりとりができる必要があります。相互でやりとりができると、生徒から先生の質問ができることで疑問点を解決し、勉強におけるつまづきをなくすことができます。分からないことはその場で質問できる、塾に通うのと変わらない指導をオンラインで受けることができる塾が、中高一貫校向けのオンライン塾であると言えるでしょう。

柔軟な授業時間

中高一貫校は6年間という長いスパンで学生生活を送ることができます。その中で、学校の授業以外の部活動や課外活動などに力を入れている方も多いかと思います。つまり、限られた時間の中で塾に通い学習しなければならないということです。また、オンラインで通塾の時間を省くことができたとしても、授業時間が自分の生活リズムの中に当てはまらなければ、意味がありません。そのため、授業時間を幅広い時間帯から選べる必要があります。授業時間が柔軟に設定されていれば、学生生活を有意義に過ごしながら、家庭学習も同時に行うことができるでしょう。中高一貫校生は特に、自分の生活スタイルにあったオンライン学習塾を選択することが大切です。

効率的な授業

オンラインで通塾の時間が省けたり、体力が温存できたのにも関わらず、問題や黒板を板書する時間があっては効率的な授業であるとは言えません。学習時間や自分の時間が特に限られている中高一貫校生は、効率的な授業のオンライン塾を選ぶべきであると言えます。

当塾での取り組み

当塾では、教室型の授業と同様の授業がオンラインにて受講可能となっております。通塾の必要がないのはもちろんのこと、柔軟な授業時間を設定しておりますので、全国どこからでもライフスタイルに合わせて指導を受けることができます。
また、より効率的に学習を進めるために、当塾では教室で使用されている電子黒板のシステムをオンライン授業でも活用しております。文章を写したり、板書する手間が省けるうえに、データとして授業の板書を保存しているため、ムダのない授業が受けられるのはもちろん、授業の復習も効率的に進めることができます。独自のシステムにつきましては、ぜひこちらをご参照ください。これにより、教室で受けるさながらの授業を実現しています。当塾のオンライン授業は、一方的な授業ではなく、相互でのやりとりができるため、リアルタイムで先生から生徒への問いかけをしております。また、生徒さんの手元が見えるので、つまづきをその場で瞬時に把握することができます。そのため、分からない箇所の原因を把握することや、苦手な問題に対して類題を出題したりなど、教室での授業と変わらないスピード感で対応することができます。

また、当塾では中高一貫校で採用されている教材対策も行っております。英語はプログレス対策ニュートレジャー対策バードランド対策、数学は体系数学対策があり、さらに学習状況に合わせて、学校の授業の予習がメインの先取りコース・定期試験対策など学校の進度に合わせたフォローアップコースで1人1人に合わせたオンライン授業を行っております。しっかりとしたテキスト対策をすることで、オンラインであっても効率的に学習を進めることができます。

まとめ

中高一貫校はカリキュラムが特殊なうえに、生活時間がイレギュラーな場合も多く、授業の内容や授業時間においてそれぞれに適した柔軟な授業が受講できる必要があります。自分にあったオンライン塾の授業を受講することで効率よく学習し、中高一貫校生活を有意義に送りましょう。

講座案内:受験対策 難関私大対策講座【英語・数学・国語】

【英語】
基本的な英語の学力があれば合格点がとれる大学群ですが、近年の傾向として合格点が高くなりがちであるので、精度の高い学力を養うことが目標になります。

【数学】
基本レベルの問題から入試標準レベルの典型問題までを解答できる力を養うことを目指します。

【国語】
どの学校でも使える、どんな文章にでも通用する普遍的な解法を伝達していきます。そして、演習と解説を通じてそれを使いこなす訓練をしていきます。