中高一貫校に合格するにはいつから塾に通うべき?

中高一貫校に合格するにはいつから塾に通うべき?

中高一貫校に通うためには、いつから受験勉強をはじめたら良いのでしょうか。

中高一貫校の受験勉強は、小学校の基本的な知識がきちんと身についていれば小学校6年生からはじめても遅くはありません。しかし、そうでない場合は小学校4年生から塾に通い、受験勉強を始める必要があります。4年生から受験勉強を始めることで、6年生までの3年間をかけて受験対策ができます。また、4年生で学習する単元は受験で出題される問題の基礎となる部分が多く、基礎から徹底して学ぶことでしっかりとした知識を身につけることができます。4年生から塾に通うことで、1年間で基礎を定着させ、5・6年生で応用、発展問題を学習することで、大きなつまづきをせずに受験勉強を進めることができます。

4年生を過ぎてしまった場合でも、焦りすぎる必要はありません。短期間でもしっかりと基礎知識を身につけ、土台をかためることができれば、中高一貫校に合格することはできます。しかし、時間が限られているため、いかに効率よく勉強できるかがカギとなります。塾に通い、志望校に的を絞った対策や、弱点・苦手教科の克服をきちんと行うことができれば、中高一貫校に合格することができるできるでしょう。

中高一貫校に合格するためには、小学校4年生から塾に通い、しっかりと基礎固めをすることが大切です。しかし、4年生を過ぎてしまった場合でも、塾に通い、やる気をなくさずに家庭学習もしっかりと行いましょう。やる気をが出ないときも、とにかく机に向かうという姿勢が大切です。覚えられないを克服する暗記法などを取り入れて暗記を徹底して内容理解も深めていきましょう。

エスコットではオンラインでも教室で受ける同様の授業を受講することができます。きちんと対策をすることで合格を手にすることは可能です。中高一貫校の受験はテストの他にも作文や面接がある場合も多いため、勉強だけでなくその他の対策もしっかりと行いましょう。

 

 

 

 

 

 

講座案内:受験対策 早慶対策講座【英語・数学・国語】

【英語】
学部により出題形式に特色がありますので基本的な英語修了後は過去問に即した演習形式の授業になります。

【数学】
典型問題に加えて、多少難度の高い問題や見新しい問題についても解答していく力を養うことを目指します。

【国語】
取るべき問題、落としてよい問題の識別を提供いたします。慶応大志望の方は、小論文講座をご検討ください。